教授 / Professor
本郷 寛 / Hiroshi HONGO

tatsukoto.jpg立つこと 2010douke2.jpg道化 – 少女 2002fa092.jpeg黙示 1999

1951 京都府生まれ
1976 東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了


主な制作活動
1978  第52回国展(野島賞)[東京都美術館]
−−−−  国画会彫刻部秋季展[洋協アートホール・東京](~2006年)
1979  第53回国展(新人賞)[東京都美術館]
−−−−  第13回「現代美術選抜展」[文化庁]
1980  アンネ•フランク像制作[アンネフランク資料館・兵庫]
1981  [聖イエス会嵯峨野教会•京都]
1983  第57回国展(会友優作賞・会員推挙)[東京都美術館]
1986  美濃部逹吉・亮吉レリーフ像制作[美濃部文庫・高砂市]
1987  東京藝術大学創立100周年教官展[有楽町アートフォーラム・東京]
−−−−  日光東照宮オランダ灯籠模刻制作[NHK・(株)イマジカ](~1991年)
1993  江戸東京博物館記念碑制作監理・台座部制作[東京]
−−−−  田中正造像制作[佐野市]
1997  第1回「点展−現代具象彫刻の一風景−[ギャラリーせいほう•東京]
1998  第31回「現代美術選抜展」[文化庁]
−−−−  「G.J.A.G展」[クラコウ博物館‘Manggha’ −ポーランド]
1999  第2回「点展−現代具象彫刻の一風景−」[ギャラリーせいほう・東京]
−−−− 「G.J.A.G展」[リュブリヤーナ国立近代史博物館・スロベニア共和国]
−−−−  個展[ギャラリーせいほう・東京]
2000 「京都青蓮院展−古刹と現代彫刻の融合−」[青蓮院•京都]
2001  第75回「記念国展特別展示−私の世界−」[東京都美術館]
−−−−  宮沢賢治像制作[(株)トリックス図書館・鈴鹿市]
−−−−  第3回「現代日本美術家集団展」[アートトギャラリー樹・東京]
2002  個展−こころとかたち−[ギャラリーせいほう・東京]
−−−− 「北の風展」[盛岡市民文化ホール]
−−−−  第3回「点展−現代具象彫刻の一風景−」[ギャラリーせいほう・東京]
2003  個展−こころとかたち−[高島屋・京都、大阪]
2004  個展−こころとかたち−[アートスペースあるる・つくば市]
2006 「彫刻in茨城展」[つくば市美術館]
−−−− 「問いかけるカタチ展」[あだたら高原美術館・福島]
−−−−  竹下登像制作[雲南市]
−−−−  個展−こころとかたち−[松坂屋本店・名古屋]
2007 「ケレン−主張する色彩−」[東京芸術大学美術館陳列館]
−−−− 「立体像形の複眼展」[松坂屋上野店、名古屋本店]
2008  アンネ・フランク像、6本の燭台制作[ホロコースト記念館・広島]
2012  6本の燭台フェンス制作及び前庭改修監修 [聖イエス会嵯峨野教会・京都]


主な収蔵先
綾部市、佐野市、高砂市、習志野市、鈴鹿医療科学大学、マンズワイン(万翠園、勝沼ワイナリー)、県立千葉高校付属美術館、足利短期大学、花フェスタ記念公園、その他


主な教育・研究活動等
1987  墨田区民大学夏期・秋期美術講座講師 [墨田区](~1997年)
1988  台東区芸術・歴史協会芸術教室講師 [台東区芸術・歴史協会](~1997年)
1994  東京藝術大学公開講座講師(~2012年)
1999  ヴィンチェンツオ・ラグーザ作『山尾庸三像』石膏原型修復(~2001年)
2005  第14期中央教育審議会専門委員(~2010年)
2008 「発達障害等支援・特別支援教育総合推進事業」における東京都立特別支援学校の芸術教育に関する芸術系学生等派遣事業(助言・支援者)(~2009年)
2010 「図画工作・美術等の授業から展開する子どもの作品展示に関する実践的研究」(東京藝術大学:研究担当者)[委託先:台東区教育委員会](~2012年)
−−−− 「幼児期における美術の造形と表現による教育の可能性についての実践的研究」(東京藝術大学:研究代表者)[委託先:荒川区教育委員会]
2011  東京都立特別支援学校における芸術教育の推進充実事業 講師
−−−−  東京藝術大学所蔵「黄金の聖母」石膏像修復(共同研究)(~2012年)


主な執筆・講演・等活動
2002 「ヴィンチェンツオ・ラグーザ作「山尾庸三像」石膏原型修復とブロンズ像収蔵について」(『東京藝術大学美術学部紀要』37号, pp. 5-16)(共著)
2003  パネルディスカッション「可能性−21世紀の公募展」パネリスト[国画会][東京都美術館]
2007 「美術教育の今」(社団法人日本美術家連盟)『連盟ニュース』421号, pp. 1–2)
2008 「制作の現場から『乾漆彫刻法の今』」(社団法人日本美術家連盟『連盟ニュース423号, pp. 8-9』)
2009 「新たな美術鑑賞空間を考える」(『文化月報』)7月号, pp. 30-31)
−−−− 「感じるということ」(第18回日本慢性期医療学会 シンポジウム「認知症cure&care」於:大阪国際会議場)(講演)
2010 「人の生について(心と生活を支える癒しの環境づくり−〈第5回〉)(『JMC』17号(2), pp. 72-74)
−−−− 「見ること、見えること」(『美術解剖学雑誌』14号(1), pp. 76-77)
−−−− 「美術と教育を考える」(社団法人日本美術家連盟『連盟ニュース』434号, pp. 1-14)(共著)
−−−− 「作品に触れ、作家と話す」(NHKラジオ『ラジオ深夜便[明日へのことば]』)
−−−− 「美術と教育を考える:大学の現状と専門高等学校の在り方」(第40回全国美術高等学校協議埼玉大会、於:ホテルリブランテ武蔵野) (講演)
2011 「美術教育を支えるということ」(東京藝術大学美術研究室編『美術と教育のあいだ』東京藝術大学出版会, pp. iii-x)
−−−− 「もう一つの骨格」(第18回美術解剖学会大会、於・東京藝術大学)(講演)
−−−− 「日本のパブリックアートについて」(台湾国立東華大学)(講演)


現在   国画会会務委員・日本美術家連盟理事・美術教育研究会会長・美術解剖学会副会長・他